プロテインの種類はいろいろ

一昔前まで、プロテインはプロのアスリートが飲むものだと考えられてきました。しかし、今日では、街中のドラッグストアなどでも手軽に購入できるようになり、スポーツ選手に限らず、ごく普通のサラリーマンやOL、主婦の方なども飲んでいるようです。
さて、一口にプロテインと言っても、その種類は色々とあります。まずは、どのようなプロテインがあるのか、その種類について理解していきましょう。

プロテイン

現在、市場にもっとも多く出回っているのは乳清を使用したホエイプロテインです。ホエイプロテインは血中への消化吸収が大変スピーディですので、エネルギー源を迅速に補給したいアスリートや、運動系のクラブ活動している学生なども積極的に摂取しているようです。ただし、効果の持続時間が短いので、その点は頭に入れておく必要がありそうです。

[80]血液をさらさらにする薬||血管の病気|循環器病あれこれ|国立循環器病情報サービス

こまめに補給することで、非常に良いパフォーマンスを実現してくれるのがホエイプロテインだと言えるでしょう。
次に、紹介しておきたいのが、ガゼインプロテインです。ガゼインプロテインも、牛乳を原材料としていますが、製造方法に違いがあります。ホエイプロテインが主流になるまでは、こちらのガゼインプロテインを摂取する人がほとんどでした。しかし、ガゼインプロテインは消化吸収に時間がかかります。即効性がないため、運動直後やトレーニング中の補給には向かないので、積極的に摂取する人たちは減ってきているようです。しかし、緩やかな消化吸収という特性があるので、就寝前などに飲むプロテインとしてはおすすめなのです。

農林水産省/たんぱく質

ソイプロテインは、大豆を原料としたプロテインです。大豆にはイソフラボンが含まれていますので、生理痛に悩んでいたり、ホルモンバランスの崩れやすい女性に人気のあるプロテインです。しっかりとした筋肉をつけるといった目的よりも、肝臓の働きを助け、脂質分解を促進させますので、女性に人気があるのも頷けるというものです。
おおまかには上記のような種類がありますが、後の項目ではさらに目的別におすすめなプロテインについて考えていこうと思います。